カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

万華鏡の歴史

■英国で発明、米国での発展

【スコットランドの物理学者ブリュースターが発明】

 万華鏡は1813年にスコットランドの物理学者デヴィッド・ブリュースター卿(Slr.Davld.Brewster 1781-1868)によって発明されました。
 彼は、光学や光学機器に関する様々な研究を行い、物理学者としては、偏光に関する「ブリュースターの法則」を発見したことが最大の功績とされ、これは現在でも物理学の重要な基礎理論のひとつとなっています。しかし、私たちにとって一番なじみのある彼の業績は、赤、青、黄を「色の三原色」として定義したことでしょう。

 ブリュースター
また、彼はフレネルレンズを発明して、灯台の投光性能の向上に大きく寄与した人でもありますが、この経験をヒントとし、素敵な副産物を作り出しました。
 複数のガラス板を角度をつけて組み合わせ、これを筒の中に組み入れたものをカレイドスコープと名づけて発表しました。これが当時のロンドンやパリで「偉大なる哲学的な玩具」として大評判になり、その後、瞬く間に世界中に広がってゆくことになるのです。

 彼はこのすばらしい玩具の発明者として、1816年にパテント申請し特許を得ました。しかし、特許登録上の不備から、抜け目のない人たちに出し抜かれ、これによるお金儲けはできなかったようです。


■アメリカへの伝承

 カレイドスコープは、早い時期に大西洋を渡ってアメリカにも伝えられました。

  プロイセン生まれで1847年にアメリカに移住したチャールズ・ブッシュ(Charles G Bush 1825-1900)が1870年頃に制作したスコープは、液体入りのガラスのアンプルが使われており、これは現在でも非常に重要な技巧として活きています。彼のスコープは逆にビクトリア朝のイギリスに渡り、サロンで人気を得ました。

 その後、スティーブン・カンパニーによって初めて量産されて以来、アメリカでも子供の玩具として一般の人々にもひろがりました。


■アメリカでの「カレイドスコープ・ルネッサンス」

 1960年から70年代にかけて、サイケデリックカルチャーの影響もあってか、カレイドスコープを、新しいアートとして、また、人々の心に癒しやインスピレーションをもたらすツールとして、再認識する動きが始まりました。1982年の「スミソニアマガジン」におけるカレイドスコープ特集記事によって、さらにブームが生み出されました。

 この流れを単なる一過性のものに終わらせずに、1つの文化として定着させたのが、コージー・ベーカー女史(Cozy Baker)です。ミセス・ベーカーは、1985年に世界初の万華鏡の本「Through the Kaleidoscope」を出版し、同時に世界初の大規模な万華鏡の展示会を開催しました。
 来場者は、約1ヶ月間に1万人以上を数え、大盛況となりました。さらに続く1986年には、発明者の名前を取った“The Brewster Society”を設立しました。アーティスト、業界関係者、愛好家すべての利益になる米国万華鏡協会として発足させ、毎年会合を開き、新作発表、情報交換、愛好家の交流の場としています。

 1989年いはスミソニアン・インスティテュートがスポンサーになり、「科学と芸術の反響」というテーマで3年間に渡る展示会が米国18都市で開かれるなど、カレイドスコープへの関心が高まっていきました。

こうして、イギリスで生まれたカレイドスコープは、アメリカで「カレイドスコープ・ルネッサンス」として再発展したのです。


■日本への渡来、新世紀のネオ・ルネッサンス

【日本への渡来】

 1819年(文政・天保期)の大阪の年代記『せつようきかん攝陽奇観』に「紅毛渡り更紗眼鏡流行大阪にて贋者多く制す」という記述があり、カレイドスコープは、発表後わずか3年で日本に伝わったことになります。1850年に蘭学者、高野長明が訳した「サンペイタクチーキ三兵答知幾」に「カレイドスカフ可列以度斯可布」とあり、その後明治時代に入っては「ひゃくいろめがね百色眼鏡」とも呼ばれ、さらに改良されたものが「ばんかきょう万華鏡」として人気をあつめました。国産品も出回り、1890年頃には「にしきめがね錦眼鏡」として流行しました。

 これ以降、現代まで誰もが知っている子供の玩具として、また、観光地でのお土産として日本で定着することになりました。

【日本の「カレイドスコープ・ルネッサンス」】

 1994年に、日本初の万華鏡のみを扱う専門店、「カレイドスコープ昔館」がオープンして、アメリカン・カレイドスコープを紹介しました。これを機に誰もが知っている「他愛のない子供の玩具」として認識されていた万華鏡が、大人の想像力を刺激するファンタジックなツールとして再評価されはじめました。開店以来おおくのマスコミに注目され、今静かなブームが進行中です。1997年には、“The Brewster Society Japan”が設立され、日本の「カレイドスコープ・ルネッサンス」が始まりました。既に、作品として万華鏡を制作する日本人アーティストも現れています。

 19世紀始めにイギリスで生まれ、20世紀のアメリカで飛躍的に発展したユニークな文化が、新しい世紀を迎えた日本で、これからどんな発展をするのか、非常に楽しみです。


万華鏡=カレイドスコープ

■万華鏡を英語でカレイドスコープ(KALEIDOSCOPE)といいます

 その語源はギリシヤ語の[kalos:美しい]・[eidos:形]・[skopeo:見ること]
からきています。万華鏡には、実に様々な色・形・大きさとありますが、中の構造はみな同じ。3枚ないしは、2枚の長方形のカガミが筒状となって本体の中に仕込まれています。

 ところで、万華鏡に使われているカガミはゆがみをなくすために表面だけが反射をおこすようにガラスの層は普通とは逆になっています。ガラスの表面が薄い膜で覆われた状態なのです。非常にデリケートに出来ており、ホコリがついたら拭いたり、水で洗ったりは、そのカガミに取って取り返しのつかない、大きなダメージとなってしまいます。
万華鏡をクリアーに見るためには、むしろ、覗き口の小さな穴(アイホール)のレンズ、又は、ガラスの埃や曇りを取り除いてやることが重要です。

 万華鏡の見方ですが、基本は、アイホールを覗いたら、先端にしつらえられたホイール(皿)やマーブル(球)など又は筒本体をゆっくりとお回しください。液体(オイル)のはいったものは、一度動かせばあとはゆったりと自然に宇宙遊泳を見せてくれます。

■万華鏡はなんといっても太陽のもとで見るのが一番!

屋内の明かりでも白熱灯と蛍光灯で違います。
ブラックライトに反応するものが入った万華鏡もあります。
明かりの向きや・明暗など明かりだけでも十分楽しみどころはあるのです。
そして、その日その時のマインドコンディションの何とその影響の大きいことでしょう。

当店の万華鏡は全て手に取ってご覧いただけるようになっております。是非お時間をおとりになり、ごゆっくりとご覧くださいませ。

ひとつ手に入れてみた万華鏡のことで、わからないことや、知りたいこと、傷や壊れのこと、また、ご自分でもつくりたいなどございましたら(日本製・アメリカ製の表面 鏡も取り扱っております)、何でもお気軽にご相談ください。
また、ザ・ブリュースターソサエティージャパンについても当店までお問い合わせください。なお、おつくりになった万華鏡の販売に関してもご相談に応じますのでご連絡ください。
万華鏡の展覧会を催したい方についてもご相談をお受けいたします。